キャンフルオノ ブログ

メイド服のキャンディフルーツ代表のキャンフルオノが、メイドやケーキ、脱毛など日々感じたことをつづるブログです

40代、50代のメンズ脱毛 その1 脱毛ってなに?

 

髪の薄毛が気になってきてリーブ21に行きはじめたのが今から約2年前。

 

今はもうリーブ21には通っていないのですが、リーブ21で紹介された薄毛治療のお薬を飲みはじめてから、約1年が経ちました。

 

お薬を飲みはじめて薄毛はだいぶ改善されてきたのですが、

最近、別のことがすごく気になってきていて、

何が気になるのかって言うと、

 

 

【腕毛の量がパないじゃん‼‼‼‼‼】

 

 

ってことなんですね。

 

 

お薬を飲んで頭の薄毛が気にならなくなってきたら今度は腕毛が伸び放題で、腕毛が気になって気になってしょうがない、という何とも贅沢な悩みなんですが、気になっちゃうんだからしょうがないんですよね。

 

私の場合は、肘から下の手首周りや指の根元から第一関節にかけてもりもりと生えてきた毛の量がパないんですね。

腕毛が増えてしまって何が気になるのかっていうと、例えば、会社で女性社員と私の二人でパソコンのモニターを見ながら、私がモニター画面を指で指しながら

 

「このボタンをクリックしてみて」

 

なんていう時に、自分のもりもり育ち盛りの腕毛が目に入ると

 

「いや、なにこの指とか手の甲に生えてる腕毛!キモい!!」

 

って自分自身で吐き気がするほどの嫌悪感を感じてしまうんですよね。

 

今まで生えてなかったカラダの部位に新たに毛が生えているのが自分の視界に入ってくるのって、なんだかすごいとっても不自然で非常に大変とても気になる!

 

こんなに気になるもんなんだなー、って気になってしまう自分の感情に狼狽しながら、

 

狼狽なんかしている場合じゃない!

これは何とかしないといけないぞ!

 

と思い立ちまして、早速いろいろと調べてみたんですね。

 

そうしたら、この世の中には「医療脱毛」という素晴らしい施術があるらしいぞ!ということを知るに至りました。

 

ええ、

正直に告白しますが、50年も生きてきたんですが私は

「医療脱毛」

という施術があることを、今まで全く知りませんでした。

 

そもそも

 

「脱毛」と「医療脱毛」

 

の違いも知りませんでしたからね。

 

【脱毛は生えてる毛をカミソリで剃ったりワックスで抜いたりする手法で、無くなった毛はまた生えてくるんですが、医療脱毛は医療機器で毛の毛根を焼き切ることで発毛そのものを根絶することができる】

 

なんていう、女性であれば中学生ぐらいでも知っているようなことすら知りませんでした。

 

医療脱毛を施した部位からは毛が生えてこなくなる!

 

という事実は、薄毛が気になって毛が生えてくるだけでありがたかった私には全く、もう本当に全く関係ないどうでもいい事実だったし、そんな脱毛の施術が存在すること自体、一切知らなくても私の今までの日常生活上、全く不都合がなかったので50歳になる今まで一度も調べたことなかったんですよね。

 

ここでふと思ったことが、

 

必要に迫られて調べることで知った脱毛に関するいろいろなことって、これからの人生で役に立つのかな、、、?

 

私が脱毛しようと思い立ったことで私に何かメリットってあるのかな、、、?

 

という思いでした。

 

この思いについては、今まで50年も生きてきて脱毛について一度も検討したことがなかったのに急に

「脱毛したいかも・・・」

と思ったことを制御しようとする心理バランス、既成概念が私の中で働いて生じた思いなんだな、という事に最近になって気づきました。

 

長生きすると、こういう新しいとらえ方に対する心理的なブレーキが働くものなんだなぁ、既存の価値観をアップデートしようとすると心理的な抵抗が発生するんだなぁ、と自分の感情を俯瞰してとらえることができて勉強になりましたね。

 

まぁ、私の人生に役立つか役立たないかは別として、アラフィフになっても新しいことを調べて実行しようとする姿勢は素直に評価してあげたいな、と思いましたね。

 

ということで私は、今まで検討したこともない

「医療脱毛を実践してみよう!」

という思いを行動に移すことに決めました。

 

次回のブログでは、アラフィフのおじさんがどの医療脱毛を選んで行くべきか、脱毛クリニックを比較して選んでみたいと思います。

 

どうぞお楽しみに~